メインイメージ画像

一日が5千円か一万円か

疾病などが原因で入院した際、どのぐらいの入院費が必須とされると予想しますか。大抵、保険の入院一日あたりの金額は、五千円のものと一万円のタイプの二種類が主です。新たに保険の加入を考える際、どちらの金額に入るといいでしょうか。平成22年度の調査によると、入院一日ごとに必要とされる金額は、平均で16000円と予想され、けして、少しの金額ではありません。どの範囲を保険で賄うかにより保険金額も変わってきます。もし、そのほとんどを保険に依存するならば、日額金額は高額な方がいいと思います。

しかしながら、保証が手厚いということは、比例して、支払う金額も高くつきます。それぞれの家の経済現状と比較して考察して下さい。

「あらたに、保険に入るのですが、積立と掛け捨てタイプのどちらが得ですか」という類の質問をよくされます。金銭面や各自の考えにより容易には比較不可能です。ひょっとして、あなた自身がまじめに貯金できるのであれば、積立保険はかける必要はないだと思われます。

また、積み立て保険の毎月の支払額は掛け捨て保険と見比べて、貯蓄性のある分高めになってしまうのです。その保険料が経済的負担にはなっていないでしょうか。満期になるタイミングはお金がかかる時点ときちんと合致していると思いますか。その保険会社は、経営基盤のきちんとした会社と言えますか。書いたような総合的に自分に合っているのは積み立て保険なのか判定して下さい。

更新情報